最近のトラックバック

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

ソーサリアン・職業

先日、SORCERIAN Data Room にて RetroPC SORCERIAN
職業関連ページを全面更新しました。

前までは職業一覧を3ページに分けて表示していたわけですけれど、
これは10年前のネット環境を考慮した表記の仕方だったわけで、
(1ページに情報を詰め込み過ぎて、表示が遅くなってしまうことを避けるための手段)
ブロードバンドが標準の今であればもう1ページに統合してしまった方が
良いなと思い、久々に手を付けたわけでした。

と言う事で、まずは単純に一覧ページを1ページに統合したわけですけど、
作っているうちに、もっと見やすい表記に出来ないだろうか?
何らかのギミックを加えられないだろうか?
と考えるようになって、最初に思いついたのが、
種族・男女別に就ける職業の分離表記でした。
職業一覧表の上の方に[全種族一覧]と各種族のリンクを置いたわけですが、
そこをクリックするとその種族・性別の就ける職業だけが表示されるようにした訳です。

さて、3ページを1ページだけに統合して終わりでも良かったのですけど、
そうなると今までのアドレスをデッドリンクにしなければならない。
Google botに拾われていたり、人によってはお気に入りに入れてたりと
言う事もありそうなので、なるべくページアドレスは温存したいと思い、
職業についての説明ページも追加しました。
本来ならもっと早く作るべきページだったかも。

そして、データサイトであればもっと細かくデータ化しよう…
よしランキングページにしよう。どうせすぐに出来るだろう…
と思ったのが間違いでした
やり始めたら中途半端では気が済まない

特に「就き易さランキング」は細かい計算を必要としました。
職業は種族・男女・年代別・能力値によって就ける条件が違います。
まずは、それぞれの種族・男女別の寿命を調べるところから始めました。
各種族男女別に20人のサンプルを使って寿命を調べると…

FIGHTER MALE 81歳
FIGHTER FEMALE 92歳
WIZARD MALE 79歳
WIZARD FEMALE 89歳
DWARF MALE 119歳
DWARF FEMALE 128歳
ELF  MALE 219歳
ELF  FEMALE 230歳
寿命は250歳を超える事はない。

ちなみに、サンプル数が少ないので誤差はあると思います。
これをYOUNG ADULT OLD別にすると以下のようになります。
  Y A  O
FM 24 20 21
FF 24 20 32
WM 24 20 19
WF 24 20 30
DM 44 40 19
DF 44 40 28
EM 84 100 19
EF 84 100 29

んで、これらを100分率にするわけですけれど、
世代交代が前提で男女どちらかを選択できるとなると、
寿命の長い女性がなれる職業の方が確率が高いと言う事になります。
つまり、種族ごとに全体を計算する必要があることになるので、
便宜的に1種族200ポイントに換算して数値を出すと…
  Y A  O
FM 34 28 30
FF 34 28 46
WM 35 29 28
WF 35 29 44
DM 41 37 18
DF 41 37 26
EM 40 48 10
EF 40 48 14

このようになりました。
男女別にOLDが違う事が分かるかと思います。

そして職業ごとになれる条件の数値を足すわけです。
農夫ならば、
FMY FMA FMO FFY FFA FFO WMY WMA WMO WFY WFA WFO
DMY DMA DMO DFY DFA DFO EMY EMA EMO EFY EFA EFO

の数値を全部足します。当然800になります。
写本ならば、
WMO EMO の数値を足して、38になります。
100分率にするため8で割ります。
農夫は100。写本は4.75

そして今度は能力値。
7能力値の幅は -50~50(Ver1.1以降)ですから、
1能力値あたり100の幅があり、合計700となるわけです。
で、特定の能力値以上の条件部分をそこから引きます。
農夫は条件なしなので700。
写本はINT20以上なので、700-70となって630。
100分率にするため7で割ります。
農夫は100。写本は90

先ほどの種族男女年齢別の数値と、能力値の数値を掛けます。
農夫は10000 写本は427.5
四捨五入し下一桁を切って、農夫1000 写本43となりました。
つまりは、農夫は100%、写本は4.3%の確率で就けるって事なんです。




・・・・・・疲れました(笑)。

Ys MUSIC FILES 9周年

完全に忘れてたんですけど、今日で Ys MUSIC FILES9周年を迎えました。
これから9年間の歴史をブログで・・・綴るつもりはありません(笑)。
やるとしたら10周年の来年ですね。その時までブログを続けて入れば、ですけど。


でもせっかくだから、ちょっとだけ。
Ys MUSIC FILES は、SORCERIAN MUSIC FILESの1コーナーとして始まり、
その後イースの音楽を紹介するサイトとして独立したのが9年前だった訳です。
そこに英雄伝説が加わり、古代祐三が加わり、他のファルコム系CDが加わりで、
ALLファルコム+古代祐三の音楽紹介サイトとなったわけです。
昨今では、SORCERIAN Data Roomと同等か、それ以上の人が来るようになっていました。

今年の8月のリニューアル時にサイト名を変えようかとも検討しましたけど、
もう9年も同じ名称を使ってるので、サイト名そのものはそのままにして、
副題を with 英雄伝説 から ~All over Falcom Music~へと変更するだけに留めました。

ファルコムからはまだまだCDが発売されていますし、jdk BANDも好調のようなので、
サイトもずっと続けて行きたいと思っています。

と言う事で簡単ですが9周年記念の管理人コメントでした。


ファルコム音楽ファンの方々、古代祐三ファンの方々、
そしてMUSIC FILESサイトのファンの方々、お祝いコメント書き込んで頂けたら嬉しいです(笑)。

jdk BAND LIVE 2010 DVD & VOCAL

Ys MUSIC FILESFalcom CD にて以下の2作品の情報を追加しました。


FALCOM jdk BAND LIVE 2010 in LIQUIDROOM
今年夏に行われたjdk BANDのライブDVDビデオ。
私も当日は会場まで足を運びました。
別の予定を入れたので、生でライブは観ませんでしたけれど。
ファルコムが映像作品を発売するのは初めてですけど、
このDVDは良かったですね。既に3周くらい観ています。
次のライブの時も同じようにDVDを出して欲しいところです。


VOCAL

カラオケJOYSOUND配信記念アルバム。
カラオケ配信された9曲が収録されているわけですけど、なんか中途半端な印象。
そもそも曲数が少ない上に、CD発売決定後にカラオケ配信される曲が増えてる訳ですし、
もう少し曲数が揃った時に出しても良かったのでは?と思います。
内容的にもFALCOM LIVE 2007 Original Soundsに収録されてる曲が多く、
DVDとセット販売じゃなければ購入は先送りにしてたと思います。

あと、Falcom CD一覧のページ、
主な収録ゲーム」の部分をちょっといじりました。
Y  S  E  B と、一文字で表していたのを、それぞれ Ys So Br へと変更。
以前は横幅を600pxに収めるため、可能な限り文字を減らしていたのですけど、
昨今のモニターは解像度が高くなったので、
もう横幅もそれほど気にする必要はなくなりましたからね。

そう言えば、ブログ開設してからYs MUSIC FILES関連の事を書くのは今回が初めてだった。

SORCERIAN Data Room 10周年 その3

久しぶりに、続きを。これまでの話は↓です。
SORCERIAN Data Room 10周年 その1
SORCERIAN Data Room 10周年 その2
前回でサイト公開二ヶ月が経ち・・・って書いてしまったけど、
実際は一ヶ月ほどでした。と言う事で、訂正。



サイト公開後、一ヶ月ほどがたち、コンテンツは順調に埋まっていきました。
About SORCERIAN にはこれまでに発売されたソーサリアンを載せていたのですが、
どうせなら攻略本やコミックなど、ソーサリアンと名の付くものは全部載せようと考えました。
そこで、音楽CDはどうするか?と言うところでふと考えました。

「ソーサリアン=音楽」と言う人も居るくらい、音楽は高い評価を得ている訳で、
アレンジ盤だってイースほどではないものの、数多く出ています。
中には「ソーサリアンから音楽をとったら何も残らない」と言う人まで目にする事があります。
(それは言いすぎだと思うけれど、それほど音楽の印象が強いと言う事でしょう。)

ネットを始める前まで、私が持っていたソーサリアンCDと言えば、
SUPER ARRANGE VERSION II・IIIや、前年にファルコムから出た
FMS復刻版など、数えるほどしかなかったのですが、
ネットで知り合った方々とお互いのファルコムCDを貸し借りした結果、
サイト開設時には一通りのCDを聴いた事があるという状態でした。
また、サイト開設後に久石譲氏系のサイトで知り合った美濃さんと言う方に、
貴重な音源の数々を貸して頂けた結果、
ソーサリアンの曲はほぼ全部聴くことが出来たのでした。
※ 久石サイトの人気投票に「久石譲意外で好きなアーティストは?」と言う項目があって
※ 私が「古代祐三」に票を投じたら、私と同じく久石&古代ファンだった美濃さんがそれに目を留め、
※ 交流が始まりました。SORCERIAN MUSIC FILES・Ys MUSIC FILES・古代祐三MUSIC FILESは、
※ 美濃さんとの交流が無ければ、作り始めることの出来ないコンテンツ・サイトでした。
※ 今でこそ、ファルコムと古代祐三氏のCDは、そのほとんどを所持していますが、
※ この当時は全て所持と言うには程遠い状況でしたので。

「ひょっとしたら全部のCDを紹介する事が可能かもしれない。」
また一つ、構想が膨らみ、それを止める事はできなくなり、そして・・・12月18日、
音楽系コンテンツの SORCERIAN MUSIC FILES を開設する運びとなりました。

完成していない他のコンテンツがあったので、
そっちも早く作らなければと言う思いを抱きながらも、
やはり好きな音楽を聴きながらなので、
MUSIC FILES はかなり楽しんで作っていたのを覚えています。
これが後に、Ys MUSIC FILESへと繋がって行くわけですけど、それはまた翌年の話。


ところで、この頃ハイピッチでCD情報BGM一覧などを作って行ったのですが、
ほぼ同時期に、SORCERIAN Originalの音楽を差し替えられそうだと言う事が分かり、
SORCERIAN Original 全曲アレンジ化計画」なるものもやっていました。
アレンジCDを吸い出してWAVEファイルにし、ループポイントを設定すれば、
難波アレンジや、パーコレアレンジや、JDK BANDアレンジの音楽を
SORCERIAN Originalのプレイ中にBGMとして聴く事が出来る訳です。
本当はこれをコンテンツ化しようと思っていたのですけれど、
そもそもCDをどれだけの人が持っているのかも分からないし、
曲を吸い出してなおかつ加工出来る人ってどのくらいいるのだろう?
ハードディスクも大容量じゃないといけないし・・・
などと考えたため、結局コンテンツ化は見送りました。
今であればそれほど敷居の高くない作業だとは思いますね。
要望があれば、その内コンテンツ化も考えてみようかなぁ・・・。

ちなみに、プロバイダから提供される無料サーバー分を使いサイトを運営してるのですが、
始めた当初の容量はわずか10MB。画像を多用するのではっきり言って全然足りません。
でも、それ以上の容量を使うには当然追加料金を払わなきゃいけないわけで、
何とか容量内に収めるために、画像を小さくしたり、圧縮率を変えたりで、
一部を使いまわしたり、いかに画質を落とさずに容量を削減するかに四苦八苦していました。


…閑話休題。
MUSIC FILESがコンテンツに加わった事で、今現在のサイトの骨格が、
完全に固まった事になります。人気投票など細かいものは色々と加わりましたけれど、
基礎的な部分はこの頃のまま、現在に至っています。

2001年に入ってからは、先送りしていたシナリオデータ作成をしながら、
サイト作成がスキルアップした事で、HTML文書もかなり分かるようになった為
HTML文書の修正を随時加えながらデザインを整えていく作業をしてようになりました。


そして、8月…念願だったメガドライブ版ソーサリアンを思いがけず入手したのでした(続く?)

Flash Flash Flash

続きを読む "Flash Flash Flash" »

hoot, XANADU, Tir-nan-og

hootと言う音楽エミュレータがあります。
エミュレータと言えば、ある特定のハード向けに作られたソフトウェアを
別のハード上に再現して動かす事が出来るものな訳ですけど、
hootと言うのはその音楽版で、ソーサリアンイースのディスクから
データを切り出して設定すれば、PSGやFM音源の音楽をWindows上で
いつでも聴けるようにする事が出来るソフトです。

このhootの開発に携わっていらっしゃるUME-3さんと、
最近Twitterで交流をするようになってきまてまして、
Tir-nan-og I・II(システムソフト)の曲名確認で、
ほんのちょっとだけ協力する、と言うようなことが先日ありました。

Revival XANADU 2 REMIXの曲名がまだ空白だったので、
それも埋めさせて頂こうかなと思い、UME-3さんと会話していたのですが、
その中でUME-3さんが 5インチのRevial XANADUと、
CD-ROM版のRevival XANADU 2 REMIXをお持ちだったことが分かり、
SDRXANADUページの方に型番の情報提供をして頂けました。

今までリバザナ2のCD-ROM版は3800円の廉価版だけだと思っていたんですけれど、
今回初めて初期版の発売日に3タイプ(3.5インチ、5インチ、CD-ROM)が
発売されていたと知って、その情報も修正しておきました。

ちなみに、wikipediaのザナドゥのページには、先ほどのページから
誰かが丸々コピー転載している情報があるんですよね。
そのせいで誤った情報を載せていた時は、wikiの情報も同じように間違っていた訳ですが、
私がそこを修正したら、しばらくしてwikiの方も修正されてたりしました(笑)。
外部リンクに私のページが貼られているのであまり文句もないんですけれど、
「情報元がどこであるか」くらいは記載した方が良いような気もします。

SDR MD 常春の村 シナリオマップ

今回はサイト更新のお知らせです。
今後、サイトを更新した時には、出来る限りブログを更新して、
作成の経緯なりを書いていけたらと思ってます。
こちらにも、感想やコメントなどを頂けたら嬉しいです。
「10周年その3」はこの次に(?)。

本日、SORCERIAN Data Roomにてメガドライブ版シナリオ「常春の村」のシナリオマップをアップしました。
迷路のような洞窟をくぐりぬけようやく最後の方まで行ったのに、
モスマに凍結させらて全滅、と言う経験をされた方も多いでしょう。
呪われたオアシス」や「豊臣秀吉の章」に匹敵するトラウマシナリオの一つとして、
メガドラユーザーの記憶に残っている事でしょう。

今回マップを作っていて思ったことは、
洞窟自体はそれほど複雑ではなかったと言う事。
ただ、似たような風景の中、一方通行があって、落盤後洞窟内部が変化するので、
うろうろとしてしまう事が多かったのでは?

今回でメガドラ版のシナリオマップは4つめとなりました。
シナリオマップ作成自体は2003年に開始したものでしたが、
宇宙からの訪問者まで作ってしばらく中断していました。
今年に入って、7年ぶりに作成を再開し、
ギルガメッシュセレクテッド、そしてPCエンジン版を作った訳ですが、
メガドラ版は「灰色のダンジョン」を作って、また中断してしまいました。
すいません、この時「世界樹の迷宮III」を始めてしまったんです(笑)。
止めるつもりは無かったのですが、一つの事に集中しだすと、
どうしても他がおろそかになってしまいます。
10月に入って再開したのは、ソーサリアン・コンプリートが発売されたからです。
もし、コンプリートが発売されていなければ多分ずっと先送りになってしまってた事でしょう。
11月末にコンプリートの販売が再開されるので、その時までなるべく完成させておきたいところです。
ご予約がまだの方はこちらからどうぞ。

SORCERIAN Data Room 10周年 その2

公開したとは言っても、コンテンツはまだまだ作成中。
魔法一覧表は埋めていないし、一番肝となるシナリオに関しては一切手をつけていない。
自分としては、新参サイトとして徐々に色んな人に浸透して行ってくれれば良いかな・・・
くらいに思っていたのだけれど、SORCERIAN Originalの発売翌日に異変が起こりました。

それまで仲間内数人が訪れるくらいだったので、一日の訪問者は10カウントちょいくらい。
それが、なんと一日で200以上カウントが進んでいたのです。
「ん?!一体何が起きたんだ?!」
・・・原因はすぐに判明しました。
日本ファルコム公式サイトの「未公認サイト集」(個人サイトへのリンク集)から
SORCERIAN Data Room(SDR) にリンクが貼られていました。しかも結構上の方に。
多分、私が公式掲示板で書き込んだURLを辿ったのでしょう。
単なる新参サイトに過ぎなかったはずなのに、公開わずか1週間で、
サイトの訪問者はピークを迎えてしまったのです。
# 実際この頃が一番人が来ていました(この10年間の中で一番多かった)。
# なお、未公認サイト集は、公式サイトのリニューアルと共に、
#今年になって消えてしまいました。非常に残念です。

「うわっ、マジか? すげぇっ!」喜びのあまり、Sho-DSLさんのドラスレラボに書き込んだ。
tk_nz「なんと、ファルコムからリンク貼られましたよ!」
Sho-DSL「うむむ・・・家はファルコムにメールしても、なかなか貼られないのです・・・」
あっ・・・、しまった(汗)喜びすぎてShoさんの事全然考えてなかった(笑)。反省。
(ちなみに、直後にドラスレラボはファルコムから、めでたくリンクが貼られました。)


さて、その頃SDRの掲示板はSORCERIAN Originalを買ったユーザーの皆さんの
書き込みが押し寄せるようになってきてました。
その頃の書き込みは一部を除き、掲示板の過去ログ に残しています。
私は掲示板に ソーサリアンオリジナルプレイ日誌, (日誌その2)
を始め、投下される話題に答える形で書き込みをしながら、
サイトの作成に勤しみ次々と更新をしていくと言う、活気に満ちた状態になりました。

SORCERIAN Originalの話題で溢れるようになったことで、考えも変わってきました。
「・・・やはりサイトで SORCERIAN Original も扱っていくべきか。」
「この前のチャットでは『何で扱わないの?』って突っ込まれたし・・・」
「Originalも扱うんだったら、foreverもだよなぁ。5本だけだけど。」
「そう言えばメガドライブのセガ版は評価が高かったらしいな。」
「ドリームキャスト版も出てたよなぁ・・・なんか微妙っぽいけど。」
「PCエンジン版も出てたんだっけ?ちゃんと移植できてたのかな?」
「・・・よし。PC88・98版はトップから一つ下げて、一つのコンテンツにしよう。」
「そしてWindowsと家庭用も、それぞれ一つのコンテンツにして3つを並列的に扱おう。」
公開後、1週間も経たない内の決断でした。

「全てのソーサリアンを、SDRに集約させるのだ。」

とは言っても、この頃私がプレイしたことがあったのは
PC88・98版全シナリオ、forever、そして最新作のOriginal、だけ。
全ての見通しがたっての判断ではなかったのですけれど、
頭の中で構想は膨らんでいって、サイトの骨格がどんどんと固まって行きました。
「どうせ、88・98版のコンテンツを作るだけでも相当な時間がかかる。」
「プレイしたことのないソーサリアンは、サイトを作っていく内に探せば良いのだ。」
「よし。まずは88・98版を完成させるぞ。全てはそこからだ。」

こうして、公開1ヵ月頃までには魔法一覧表を完成させた。
その頃にはカウンタは早くも5000を突破していた。


さて、ついにシナリオコンテンツの作成に取り掛かった訳だけれど、
ここは色々と考えを巡らせた部分です。

まず、自分の構想だと冒険の書は「マニュアルの文章を丸写しにする」
と言うものでした。だが、果たしてそこまでして良いのだろうか?
さらに、シナリオデータを完成させると言う事は、
当時あった同じソーサリアン専門サイト「SORCERIAN FAN SITE」の
存在意義を低下させてしまう事になる。どうしたって食ってしまう。
# この時点ではシナリオマップは構想にありませんでした。

結局、両方とも完成させるわけですけれど、
もし、今現在だったら冒険の書は作成していないと思います。
10年前のネットはまだ多少アングラ的な雰囲気が残る時代で、
著作権に対する意識が明らかに今と違っていました。
まだネットは必ずしも今のような「公」としての存在を確立できていませんでした。
それに、2000年には既に原作ソーサリアンは店頭に並んでいません。
マニュアルは新規に入手が困難な冊子だし、商業的にファルコムに与える被害は
無いんじゃなかろうか?Originalの冒険の書は公式にも掲載されているし…
・・・でも、そういった事以上に「ソーサリアンの灯を消さない」ことと、
「完璧なソーサリアンサイトを作る」ことの2点が勝ったのだと思います。
色々迷った末に、作成することに決めました。
キャライラストを全てスキャンし、その配置は可能な限りマニュアルと同じにする。
イメージイラストはCD-ROM「Falcom Material Collection」などに収録されて
いるものを使い、シナリオと合致するように配置する。
(SORCERIAN Originalは必ずしも合致しないイメージを使っていた)
12月の始め頃、毛布を被りながら我武者羅に文字を打って言った事を覚えています。

シナリオデータに関しては、一番最後に作成する事で(先延ばしにすることで)、
他サイトに影響の及ぶ期間を少しでも短くしよう、と考えました。
皮肉な事ですが「ソーサリアンの灯を消さない」ために完璧なサイトを作る事で、
ネット上から競合サイトを駆逐してしまい、
他のソーサリアンサイトがネット上から無くなってしまいかねない。
と言うジレンマを感じ始めていました。



そして、サイト公開後2ヶ月近くが経ち、
私の中に新たな構想が浮かび始めていました・・・(続く?)

SORCERIAN Data Room 10周年 その1

10周年を迎えるにあたって、特に何かするつもりはなかったのだけれども、
丁度ブログを開設した事だし、SORCERIAN Data Room の歴史でも綴ってみようかと思う。

まず、自分がなぜこのサイトを作り始めたかと言う所から。
ソーサリアンが好きだから。と言うのは当然の事ですけれど、
「ネット上にソーサリアンと言うゲームの存在を残しておきたかった」
と言うのがその時の率直な思いです。

自宅にネット環境ができて、ネットを始めたのが2000年の1月。
tk_nzのハンドルネームで活動しだしたのは同4月下旬。
確かSho-DSLさんのドラスレラボ に書き込みをしたのが一番最初だったと思う。
5月にはファルコムの公式掲示板に書き込むようになって、
それから、今は無きOASISと言うサイトでチャットに入り浸るようになったのが7月頃。
この頃に、色々とファルコム個人サイトの話を見聞きするようになって、
だんだんと自分もやってみようかと思うようになって行った訳ですけど、
その時真っ先に思い浮かんだのがソーサリアンでした。

私がネットを最初にアクセスした頃(98年くらいか?)には、
ソーサリアン専門サイトが3~4個くらいあったと記憶していますが、
2000年8月頃までには1つ(SORCERIAN FAN SITE のみ)まで減っていました。
今ではニコニコ動画なんかでいくらでもソーサリアン動画を見たり、
あるいは音楽を聴いたりすることができますけど、
当時はソーサリアンオリジナルもまだ発売前で、
ネット上でソーサリアンを目にする機会がかなり減っていたと思います。

「このままじゃいけない。ソーサリアンの灯が消えてしまう。」
ちょっとした焦燥感と危機感のようなものを感じていたのを今でも覚えています。
だったら自分が作るしかない。作るのであれば簡易的なものじゃなく、
自分が心の底から見たいと思っていた、完璧なソーサリアンサイトを。

最初に頭に浮かんだのが「Xanadu ScenarioII Library
あれのソーサリアン版を作ろう。
とは言うものの、HTML文書なんて全然知らず、
どのようにサイトが作られているのかも
全くわからないままのスタートでした。

この頃入り浸っていたチャットでは、HTMLタグを打ち込むと
それが反映されるようになっていたので、<FONT>で色や大きさを変えたり、
<B><I>で文字を強調できると言う事はなんとなく分かっていました。
タグによって構成されている事は理解できていたので、
まずは他人のサイトのソースを見て、それぞれのタグが
どういう働きをしているのかを、自分なりに調べていきました。
自分なりの感触としては、画像を表示できて、他ページへのリンクが貼れれば、
とりあえず最低限のサイトは作れるな、と。
あとは<TABLE>を構築できれば、見栄えも何とかなるだろう、と。

9月下旬くらいからちょっとしたものを作り始めました。
この頃ネットで仲良くなった方が、病気で手術を受ける事になり、
それで感じる心配と不安を掻き消そうと、サイト作成に没頭した事もあってか、
かなりハイペースで作成が進んでいって、
10月下旬までにカウンタと掲示板を設置するまで出来上がっていました。


ちなみにサイトを作るに当たって、いくつかの基本理念がありました。

・訪問者を獲得する。
 一日に数人しかこないだとか、二桁も来ないようなサイトにだけはしたくなかった。

・テーマはソーサリアンのみで、他には絶対に逸脱しない事。
 一部ドラスレくらいは紹介していますが。Ys MUSIC FILESは別サイト扱いにする事で折り合いをつけた。

・ソーサリアンサイトとしてナンバー1を目指す
 他のサイトの追随を許さないサイトにすると、最初に決めていました。

ALL ABOUT SORCERIAN を越える。
 今でも売れ続けている素晴らしい本ですけれど、
 基本的に88版オンリーなので、不満点もある本です。
 サイト作成でかなり参考にはしましたけれど、丸写しはしてません。

・自分個人の色はなるべく出さない。
 ソーサリアンの好きな人には全員に来て欲しかったため、
 内容の批判・批評をするような事は避けました。
 下手に批評をしてしまって、来訪者が不快に思うような事はしたくなかった。

そして2000年11月2日。これが公開当時のサイト。
この時はPC88・98だけのサイトを作る予定でした。

しかし、一週間後にはSORCERIAN Originalの発売が控えていました…(続く?)

ブログ開設

何となく今更感もありますが、ブログを開設しました。

文章を書くこと自体あまり得意ではなかったので、
今までブログは避けてきてたのですけど、
今年に入ってmixiやtwitterを始めた事で、
文章で自分を表現する事も慣れてきたので、始めてみる事にしました。

おそらく、サイト作成のブログになると思いますので、
SORCERIAN Data Room や Ys MUSIC FILES、
あと最近放置気味なGAME Data Room を応援して下さる方々、
旧知の方々の感想やコメントを頂けたら幸いと思います。

トップページ | 2010年12月 »

登録中のアカウント

tk_nzの呟き

ウェブページ

無料ブログはココログ